ジューンブライド

「ジューンブライド(June bride)」とは、古くからヨーロッパで

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」とされる言い伝えがあります。

意味や由来については諸説ありますが、

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で

結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が

守護する月が6月(June)であることから、

この月に結婚すると生涯幸せに暮らせると言われています。

ジューンブライド(June bride)となる6月は

日本では梅雨の季節になりますが

雨の結婚式は縁起がいいってご存じですか?

日本には「雨降って地(じ)固まる」

ということわざがありますが

実はフランスに

「Mariage pluvieux mariage heureux」という

似たようなことわざがあるんです。

直訳すると「雨の日の結婚は幸せをもたらす」。

その意味は2つあり、

1つは「式当日に降る雨は、新郎新婦が流す一生分の涙。

それを神様が代わりに流してくれる」。

もう一つは「雨は天使。雨の日に式を挙げると

神様からの祝福で、可愛い天使が舞い降りてくる」。

どちらも素敵な言い伝えですよね♡

結婚式当日雨になったとしても

こんな素敵な言い伝えがあるので

お二人にとって素敵な想い出の日になりますね♡