家族だけ。だからこそ。🌹

 

家族・親族だけの少人数でもなにか演出がしたい!

食事会とはいえ時間がもつか心配…。

こういったご相談をいただくことが多くなりました。

 

そこで!

少人数のご結婚式にぴったりの演出「ダーズンローズ」をご紹介します(^ 〇 ^)

   

野に咲く花を摘みそれを束ねて愛する人にプロポーズし、

女性は「YES」の代わりにその中から1輪男性の胸元に挿した… という言い伝えから始まったこの演出。

12本のバラ(ダーズンローズ)はそれぞれ

「感謝」「誠実」「幸福」「信頼」「希望」「愛情」「情熱」「真実」「尊敬」「栄光」「努力」「永遠」 を象徴し、

花嫁様に贈ることは 「12のことすべてをあなたに誓います」ということを意味しているんです。♡

 

12本にこだわらなくてもバラの花は本数によって

4本 「死ぬまで気持ちは変わりません」

6本「お互いに敬い愛し合いましょう」

9本 「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」

11本「最愛」

24本「一日中思っています」

など様々な意味を持っているので、ゲスト全員からお花を受け取るのも素敵ですよね◎

 

挙式で行われることが多い演出ですが、披露宴の入場時おふたりでテーブルをまわるタイミングでお花を受け取っていったり、先に新郎様だけ入場して、お花を受け取ったりなど、アレンジは自由自在☆

 

少人数の結婚式で悩んでいた…という方だけでなく

実はプロポーズまだなんですよね…という方もぜひ!!!

この演出を取り入れてみてはいかがでしょうか☺?

(花嫁様に渡すときは、しっかりいまのお気持ちをお伝えくださいね☆)